寮則について

快適な寮生活を送るために。

駿台指定寮は団体生活の場でもあります。全ての寮生が快適に過ごせるよう最低限のルールを遵守していただきます。

共立メンテナンスの各寮、北園女子学生会館および市川女子学生会館にはそれぞれ寮則があります。この駿台指定寮案内では、共立メンテナンスの寮則を掲載しています。基本的な部分は駿台の指定寮すべて共通です。
また、寮則は寮生の皆さんが大学合格に向けての学習環境を整えるため、最低限、必要なルールです。入寮申込をする前によく読んでご納得の上、入寮手続きを行ってください。

目的

駿台指定寮は、在寮生の勉学と生活を円滑にし、学力の向上を図り、かつ規律ある共同生活を通して、寮生全員が来春の合格を勝ち取ることを目的とする。

義務

在寮生は、駿台生としての行動に自覚と責任を持ち、本規則を遵守し、規律ある共同生活を行わなければならない。

外泊

保護者承諾の上、各寮所定の届出用紙を期日までに提出し、寮長の許可を得ること。届出内容に変更が生じた場合は、速やかに寮長へ連絡をとり、許可を得ること。帰寮後は、速やかに「宿泊確認書」を提出すること。

管理業務

  1. 寮長は寮生が共同生活をする上で、寮則を守るべく、指導するものとする。
  2. 寮生の日常生活において必要と認めた場合は、寮長が学校への出欠、寮室内および外泊への確認をする場合がある。
  3. 共同生活等のルールを守らなかったり、寮長・寮母による注意を聞き入れない寮生については、保護者および学校へ連絡し解決にあたる。

共同生活のルール・禁止事項

  1. 寮生間の寮室訪問は許可するが、午後10時までとする。
  2. 家族以外の訪問者は、寮室への立ち入りを禁止する。その場合は、寮長へ事前に届出た上、寮で決められた場所で所定時間内に応接すること。
  3. 階段の昇降、扉の開閉、廊下での立ち話、深夜早朝の話し声等には十分配慮し、他の寮生および寮関係者に対し、迷惑とならないように、良識ある生活をすること。
  4. 寮内での商業行為、または、これに類することをしてはいけない。
  5. 寮内での政治、思想、宗教活動はできない。
  6. 寮室を不在にする場合は、必ず施錠をすること。
  7. お互いに金銭の貸し借りはしないこと。
  8. 共用部分への貼紙はしないこと。
  9. 廊下、その他共用部分に私物、ごみを置かない。また、寮の什器、備品を寮室へ持ち込まない。
  10. 自動車・バイク(原付含む)を運転してはいけない。在寮期間中に、運転免許は取得できない。
  11. 自転車の持ち込みは寮の立地条件、敷地スペースがある場合に限り認めるため、事前に寮長の許可を得ること。自転車には必ず施錠すること(寮では盗難等に関する責任は一切負いません。)
  12. アルバイトは一切禁止する。
  13. 電気器具、ガス器具、石油器具、テレビ、DVDプレーヤー、楽器類、ゲーム、ペット類等の持ち込みはできない。(寮により許可されるものが異なるので、寮長の指示に従い許可を受けること、また、電気製品については寮室の電気容量、および防災上の問題があるものは持ち込んではならない。)
  14. 駿台の授業・講習会・駿台個別指導の為に夕食時間に間に合わない場合は、1週間前までに寮長へ申し出ること。
  15. 寮長・寮母の指示に従うこと。

安全・保健・衛生のルール・禁止事項

  1. 寮内外を問わず、飲酒、喫煙を禁止する。
  2. ペットを飼うことはできない。
  3. 急病等の緊急時は、寮長・寮母へ速やかに連絡し、指示に従うこと。
  4. 非常口は、非常時以外の出入りを禁止する。
  5. 自室は常に清潔にし、保健衛生に努めること。

退寮処分

下記項目のいずれかの行為をした場合には、保護者および学校と連絡を取り、始末書または退寮処分の対象となります。

■始末書の対象となる行為

  1. 上記の寮生活におけるルール・禁止事項を守らなかった場合。
  2. 無断外泊をした場合。
  3. 門限に遅れたり、塀を乗り越えるなどして外出または帰寮をした場合。
  4. 規定時間外に他の寮室を訪問した場合。

■退寮処分の対象となる行為

  1. 寮費の納入を2か月以上怠った場合。
  2. 異性を寮内に入れた場合。
  3. 暴力行為を行った場合。
  4. 寮則および社会的ルールに違反し、著しく他の寮生および寮関係者に迷惑をかけるなど、学生の本分にあるまじき行為をした場合。
  5. 入寮の際に虚偽申告をした場合、または重大な事項を告知しなかった場合。

その他、退寮手続等につきましては、各管理運営会社へお問い合わせください。

指定寮申込