よくあるご質問

  • 見学は随時受け付けております。ご希望の方は、各寮の管理運営会社(共立メンテナンス、北園女子学生会館)までお問い合わせください。
  • 通学校舎にもよりますが、ほとんどの寮は各校舎まで1時間以内で通学が可能です。都心の場合は、30分〜1時間はごく一般的な通学時間です。通い慣れれば当たり前になります。それぞれの寮は各校舎の所在地にあわせて立地、設定されていますので、詳細は各寮の案内をご覧ください。
  • 入寮手続後に合格し、大学入学手続をされた場合は、入寮のキャンセルを申請することが可能です。入寮金等を納入している場合は指定の日時までに申請していただければ、返金します。詳しくは「大学合格による入寮キャンセルについて」をご覧ください。
  • 以下に当てはまる方は、入寮をお断りしています。
    ①寮則を守れない方
    ②他人に迷惑をかけるおそれのある方
    ③協調性のない方
    ④受験勉強に専念できない方
  • 寮の費用には昼食費以外は基本的に生活していく上で必要な費用が含まれています。したがって、寮費以外で必要なものは毎日の昼食費、食事提供のない日の朝・夕食費、交通費や書籍代、携帯電話料金、電気料金、施設利用費等(寮によって異なる)があります。
  • 万一、病気になった時には、寮長・寮母が病院の手配や付き添い、保護者の方へのご連絡など、しっかりとサポートいたします。食事もお粥など病状にあったものを作るようにしています。また、どうしても食堂に来られない場合は、お部屋まで届けますので、我慢しないで相談してください。
  • 寮の申し込み後(共立メンテナンス各寮は駿台の入学手続完了後)にお送りする入寮手続書類に寮費の振込期限が明記されていますので、その期限までお待ちします。寮費振込期日の延長などは、共立メンテナンスまたは北園女子学生会館にご相談ください。
  • 各寮は集団生活の場でもあるため、各寮それぞれの寮則があります。したがって、その規則を守ることができない方は入寮することができません。しかし、受験生としての基本的な姿勢、集団生活を維持していくための最低限のルールとマナーですので、そのルールを遵守できる方であれば特別な心配は必要ありません。
  • 基本的には、「勉強に必要な物」「衣類」「洗面入浴道具」さえあれば寮生活は送れます。次に「健康面で必要な物」「個室の整理・清掃に必要な物」「食事のない日のための食器類」を考えます。最低限必要な物だけを準備し、実際に寮で生活して、必要となった物を後から送ってもらったり、購入するのが良いでしょう。
  • 共用施設に駐輪場が設置されている寮では持ち込みが可能です。なお自転車を持ち込む方は、駿台総合補償制度に加入することをお勧めします。
  • あります。各寮先着順に申込受付を行いますので、第1希望の寮が定員に達した場合はキャンセル待ち登録をして、第2希望の寮を押さえとしてお申し込みいただく場合もあります。駿台指定寮はご希望の方が多く例年一部の寮では3月初旬に予約の方で締切(キャンセル待ち)となり、その他の寮も3月中旬以降に順次定員に達し、予約の方で満了となります。全ての寮が定員に達した場合には、案内書掲載以外の寮もご紹介いたしますが、指定寮をご希望の方は早い段階での予約をお願いいたします。(登録料やキャンセル料はかかりません)。※キャンセル待ちの場合は、共立メンテナンス運営寮と北園・市川女子学生会館との併願はできません。
指定寮申込