1. Home
  2. TOYO LIFE|東洋大学フィロソフィア西台

一人ひとりの過ごし方を尊重し会える空気感がいい。/東洋大学 経済学部 4年(新潟出身)

2020.03.16
一人ひとりの過ごし方を尊重し会える空気感がいい。/東洋大学 経済学部 4年(新潟出身)
創立130年を超える東洋大学。学部も人数も多く、多様性の豊かな大学です。そんな東洋大学にある、唯一の大学専用学生寮「フィロソフィア西台」。本シリーズでは、実際にそこで暮らす、東洋大生のインタビューをご紹介します。今回は東洋大学 経済学部 4年のMさんに伺いました。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

地元が新潟なので、大学が決まった時点で一人暮らしをすることになっていたのですが、料理が全くできなくて……。だから食事付きの寮をいくつか探したんですけど、お風呂や水回りが共同のところはちょっと嫌だなと思ったんです。ある程度、一人暮らしのような環境を確保しつつ、ご飯が食べられるという理想に一番合致していたのが、フィロソフィアでした。

実際入ってみると駅からも近いですし、学校にも電車一本で行けるので、ホントに楽ですね。中には一時間ぐらいかけて大学に来ている人もいるので……。あと個人的には、あまりにも大学に近いところに住むのも生活のメリハリがつかないと思っていたので、これぐらいの距離が丁度いいかなと。

フィロソフィアは東洋大学の専用寮なので、ある種の連帯意識があることが心強いですね。先輩からサークルはここがいいよとか、ここは結構厳しいよとか、アドバイスを貰えたり。あとはジンギスカンパーティーやクリスマスパーティーなどが頻繁に開かれるんですが、学年問わず色んな人と話せる機会がほとんど無かったので、とても貴重な経験でしたね。もちろん「一人でいたいな」と思う時は参加しなくていいですし。それぞれの過ごし方を尊重してもらえることも、とても有難かったです。

これから就職して、一人暮らしをするのですが、いよいよ自炊をしなければいけないな……と覚悟しています。でもフィロソフィアで一人暮らしの基礎を作ってもらったと思うんです。何もかもいきなり一人でやる、というのはつらいと思うんで。一人暮らしと実家暮らしの間のような時間を過ごさせてもらえて、生活力が身につきましたね。

※この記事はWEBサイト「東洋大学専用学生寮フィロソフィア西台」の記事を転載したものです。また2020年2月時点の内容です。